1. HOME
  2. プログラム

プログラム

PROGRAM

過去のあすか会議

  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2008
    「ネットベンチャーの経営者に聞く~次なる“創造”を生み出す源泉~」と題し、「ゴルフダイジェスト・オンライン」を立ち上げた石坂信也氏や「HOME'S」を立ち上げた井上 高志氏など、著名サイトを立ち上げた起業家がメインスピーカーとして登壇。明確な将来ビジョンを描き、その実現に向けて行動する姿に、多くの参加者が刺激を受けました!
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2009
    5回目を迎えたあすか会議は、政治経済、サイエンス、経営哲学、キャリアなど、セッションの数が大幅に増加し、リーダーとして求められる知恵や知識を、多岐にわたって学べるようなプログラムに進化。ナイトセッションの原型にあたる「ナイトキャップ」がスタートし、一流のリーダー達の経験や志に間近で触れられる機会となり、沢山の刺激を得た2日間となりました。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2010
    世界がリーマンショックの爪痕に苦しみ、日本のポジションが相対的に低下している時代。混迷する時代だからこそ、「創造と変革の志士」としてどのような行動が求められるのか、世界中で起こるタイムリーな問題にも深く切り込んでいき、議論していきました。未来に向けた希望を持ち、我々ならできる、という自信を得た2日間となりました。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2011
    5年に亘り、リゾナーレで開催されてきたあすか会議は、規模化にともない、浜松に場所を移して開催。前年の1.5倍となる、450名もの参加者が日本各地から集いました。東日本大震災の爪痕が依然として残る中、「危機という究極の局面において、リーダー達はどのように行動したのか。」「この国の新たな未来を創るために、求められるリーダー像とは。」2日間に亘って、熱く議論していきました。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2012
    東阪名に加え、新たに4月に開講した仙台校からも共に学ぶ仲間が駆けつけた浜松での「あすか会議」。拠点を超えた在校生・卒業生が、心ゆくまで学び、リーダーの生きざまに触れ、生涯にわたる仲間との絆を深めていきました。メインスピーカーの數土文夫氏によるセッション最後のメッセージは、聴く者全てを大きく鼓舞する一言でした。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2013
    初めて古都・京都で開催された2013年は、「日本の伝統と革新」がテーマに。東阪名、仙台校の各校に加え、初めて福岡校からも創造と変革の志士が参加。メインスピーカーに、カルチュア・コンビニ・クラブの増田宗昭氏・脳科学者の茂木健一郎氏を迎え、日本の原点を見つめ新たな創造と変革を議論する熱き二日間となりました。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2014
    2005年に奈良県・飛鳥荘で産ぶ声をあげた「あすか会議」の10周年記念として開催された2014年。参加者70名からスタートした「あすか会議」は10年で10倍以上の規模まで成長しました。かつて参加者だった卒業生の皆さまが、各界で活躍されセッションに登壇されるなど、参加者たちに沢山の刺激をあたえる時間となりました。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2015
    初めての東北開催となった「あすか会議2015」。グロービスは「復興のためには一過性の支援ではなく、中長期にわたって東北の“再創造”を担うリーダーを育てる」という信念もと、2012年4月に仙台校を開講しました。仙台校初めての卒業生が送り出された記念すべき年に、800人の創造と変革の志士が杜の都・仙台に集いました。
    詳細を見る
  • ※クリックしたら画像が拡大されます
    あすか会議2016
    1回目は約70人の参加者だった「あすか会議」は、1,000人を超える規模に成長しました。今回は、「テクノベート」と「100の行動」をテーマとし、数多くのリーダーが参加者の心に火を灯すべく、スピーカーとして登壇します。一人一人の志と行動が、次の時代を創造していく―それぞれの持ち場で、日本を良くするべく、「創造と変革の志士」が日本全国から浜松に集結します。
    詳細を見る